au WALLET(エーユーウォレット)

2014年の開始以来、多くのauユーザーが利用している仕組みに「au WALLET(エーユーウォレット)」というものがあります。これはいわゆる携帯キャリア会社が出した「プリペイドカード」。

というと、うーんそこまで魅力的なものでもなさそうな……という印象ですが、実際はかなり話題になりました。その理由は、プリペイドカードでありながら、「クレジットカードのリーダーが使えた」からです

要するに、auウォレット専用のリーダーを設置しなくても、クレジットカードリーダーのあるお店なら「利用ok」だったんですね。それは店舗には負担なく、利用者はauのポイントをためつつ、キャッシュレスの支払いができるというメリットをもたらします。

auポイントもたまり、まあポイントの使い方は「よくあるポイントの利用方法」ではあるのですが、一番簡単な「そのままauウォレットにチャージして使う」ということができるため、還元の体感もいいかと思います。


■リーダーに通さなければいけないものの、チャージはネットでできる

ピッとかざすだけの電子マネーに比べると、不便さはぬぐえなくなっているリーダー使用のカード(前者を非接触型、後者を接触型といいます)ですが、残高管理がネットできる=スマートフォンから操作できるとなれば、ポイント目当てで利用する価値は、生活スタイルによっては、「十分ある」といっていいのではないでしょうか。

auウォレットの場合、使えばポイントがたまるというクレジットカード的な側面があるのと同時に、セブンイレブンやスーパー、マツキヨなどの薬局、意外なところではスターバックスカードへのチャージやファッション店のGAP、紀伊国屋書店などで「ポイントアップ」のサービスがあったりもします。

ポイントの付与率をみるとわりとバカにできないポイント数なので、確認してみてくださいね。当然auの支払いにも当てられます。


■2017年初現在、アップルペイでの使用は×

残念な点といえばこれでしょうか。アップルペイの仕組みと提携を考えると、現時点では仕方がないでしょう。

あえて、無理やりにでも使うとすれば、「Suicaアプリを使って、Suicaにauウォレットからチャージ」→「Suicaをアップルペイで利用する」という手はあります。二度手間にはなるものの、せっかくアップルペイを使うのだから「キャッシュレス」から「カードレス」にしたい! という場合にはこれが解決策になるとはいえます。

でもぜひ将来的には、スマホ1台でauウォレットのようなポイントのつくプリペイドカードも、全部網羅できるようになってほしいなと、スマホのヘビーユーザーとしては願います。