電子マネーの種類

「電子マネーをもっと便利に使ってみたい」。けれど、「種類がなんだかよくわからない……」という方。少なくないんじゃないでしょうか。

確かにコンビニの入り口にはいくつものステッカーが貼ってあって、「色々ある」ということはわかるのですが、逆にいえば「ステッカーが貼ってなければその店では使えない」わけですよね。実際、レジで手持ちの電子マネーを使おうとしたら「使えません」と言われ、気まずい思いをしたこと、あります。

というわけで、ここでは「自分にはどんな電子マネーが向いているのかな?」を考えるためのヒントを、電子マネーの種類に注目して考えてみたいと思います。


■とりあえず大雑把にわけてみると

「プリペイド」か「ポストペイ」の2種類になります。先払いか後払いか、ですね。

恐らくすでに利用されている方が多いはずの交通系のICカード。これはプリペイドです。クレジットカードでのオートチャージもできるので、「あれ、後払いのこともあるのでは?」と思われるかもしれませんが、「電子マネー自体への入金は先」ということで、紛うことなきプリペイドの代表格といえます。

あとはショッピング系の会社が出しているものもプリペイドがほとんど。楽天Edyやnanaco、WAONです。これらはポイントがたまるのも特長といっていいでしょう。従来もポイントカードの延長とも考えられ、ネットショッピングサイトとポイントが共有できる場合もあります。

対してポストペイは、やはりクレジットカード会社がメインになります。iDとQUICPayは、クレジットカードに電子マネー機能を持たせることによって、いちいちチャージや残高の確認がいらず(クレジットカードの限度額は別ですが)、サインレスを採用していない場合でもポストペイの電子マネーが使えれば、サインせずにささっと買い物することができます。ポイントについては当然、クレジットカードのポイントがたまります。


■みんな大好き「ポイント」に焦点をしぼるなら

ポイントは実際魅力的です。電子マネーのどれが1番ポイントがたまりやすいか、というのは一概には言えません。結局どれを使うかというより「どこで使うか」だからです。

さらに「数が増えても構わないかどうか」も関わってきます。枚数をもちたくない方も多いはず。カードは持たずにスマホで管理できる分だけ持つ、という手もあります。

以上をふまえて、チェックポイントは「自分がよく買い物する店はどこか」→「そこのポイントがたまる電子マネーはあるか」としたいと思います。これが当てはまらない場合は、「手持ちの交通系ICにメインのクレジットカードでチャージする」ようにすることで、クレジットカードのポイントを確実にためることができますので、この方法も選択肢にいれてみて下さい。