国内、海外向けそれぞれの最新電子マネー

スマートフォンが普及する以前のガラケ-時代から電子マネーである「おサイフケータイ」は存在していました。そもそもおサイフケータイとは、SONYが開発したFeliCa(フェリカ)という非接触型ICカード(チップ)が搭載された携帯端末です。簡単にお金をチャージすることができ、小銭いらず、携帯一つで支払い決済ができる非常に便利なツールになります。そして今までおサイフケータイ機能を持ち合わせていなかったiPhoneにも、とうとう電子マネー決済が可能になる時代がやってきたようです。また海外にも目を向けて、国内と比較した上で最新の電子マネーに注目してみましょう。


iPhone 7/7 Plusの登場!「Apple Pay」とは

今まで搭載されていなかったFeliCaがiPhone 7/7 Plusより搭載されることになりました。そしておサイフケータイ機能を動かすためのプラットフォームとなるのが「Apple Pay」となります。パソコンでいうウィンドウズやMacOSのようなものですね。このApple Payの上にお馴染みのSuica やId、QUICPayといった電子マネー決済サービスが乗る構図となります。残念ながら楽天Edy、nanaco、WAON、PASMO、ICOCAなど利用できないサービスも多くあります。但しまだ新しい試みということもあるので、今後はサービス利用の幅も広がっていくと思われます。


簡単設定!例えばSuica×Apple Payなら

Apple Payで利用したいSuicaもしくはSuica定期券などを机の上に起き、iPhoneより情報転送画面を呼び出してかざすだけです。現物のSuica残高などの情報が表示され登録完了となりますが、気をつけておきたいのはすべての情報が移行され、残高なども移るので現物Suicaカードは使えなくなるということです。


電子マネーのガラパゴス化を止める?「Visa pay Wave」とは

電子マネーが当たり前のように日常化している日本ですが、実はこちらの技術も昔の携帯電話のように日本独自の進化、ガラパゴス化しているとも言えます。というのも日本で普及しているのはFeliCa、こちらは国際基準規格ではないからです。国際基準となっている規格は「TypeA/B」と呼ばれるもので、日本ではこの技術を採用した電子マネーや決済に対応している店舗がほとんどないため普及していないのが現状です。逆に言えば日本の電子マネーは海外では使えない、ということになります。

そこで注目されているのがVISAカードが提供する「Visa pay Wave」です。後払い=ポストペイ型の電子マネーです。こちらは国際標準規格の「TypeA/B」が搭載されており、海外ではアメリカ、カナダ、ヨーロッパをはじめとした53ヶ国で使用可能な電子マネーですので旅行者や海外出張が多い方には便利です。クレジットカードのように他人に渡すことなく決済できる点も安全性が高いといえます。日本ではまだまだ普及が遅れていますが、2020年の東京オリンピック開催を見据えて今後対応する店舗やサービスも増えていくと思われます。