簡単便利な電子マネーをいろいろ比較、どれを選ぶべきか

携帯電話をかざしてピッとするだけで買い物ができるお財布ケータイの機能や、交通機関を利用する定期券がカード化され現金をチャージできるようになったことなど、今では至る所で電子マネーが私たちの生活の中に浸透しています。以前は後払い型のクレジットカードが電子マネーの代表的なものでしたが、現在では予めチャージするタイプが増え、電子マネーの用途や種類もかなり多義に渡っています。


先払いor後払い

電子マネーは大きく分けて先払いのプリペイドタイプと、後払いのポストペイタイプがあります。まずプリペイドタイプの場合、電子マネーとなる「お金」を補充=チャージする必要があります。お金のチャージは専用マシンを利用したり、インターネットにより専用アプリ経由で行うことが可能です。対してチャージの必要が無く、クレジットカードなどで利用後に自動引き落としによる後払いになるのがポストペイタイプです。


それぞれのメリットは?

プリペイドタイプの場合、クレジットカードを作ることができない人でも簡単に作ることができる上に、予め入金することになるので残金以上に使いすぎることはありません。反面、常に残高を見ておかないといけないことや、利用限度額が低く設定されていることもデメリットになります。
ポストペイタイプの場合、煩わしいチャージの必要はないので利用は更にスムーズ。クレジットカードに付帯するので利用後に銀行口座からの自動引き落としになります。紛失時にもクレジットカードと同様の扱いとなるため保険がききます。但し、クレジットカードの発行が基本なので、審査に通らなくてはなりません。また使いすぎてしまうというデメリットもあります。


商業系電子マネーor交通系電子マネー

コンビニエンスストアを始めとした大型ショッピングモールや商業施設において主に利用できるように作られた電子マネーが「商業系」に分類されます。
電車やバスなどの交通機関を利用する際にスムーズに昇降できるよう作られた電子マネーが「交通系」に分類されます。


電子マネーの種類一覧

商業系:楽天Edy、WAON、nanacoなど(プリペイド)
    Id、QUICPayなど (ポストペイ)

交通系:Suica、PASMO、ICOCAなど(プリペイド)
    PiTaPa(ポストペイ)


どれを選ぶべきか?

交通機関を常に利用しているのであれば、やはり交通系の電子マネーの使い勝手が良いでしょうし、お得に効率よくポイントを貯めながら買い物をしたいのであれば商業系の電子マネーを選ぶべきです。また、インターネットでのショッピングやオンライン決済などが多いのであれば、インターネット上でもチャージができるような電子マネーを選ぶなど、迷ってしまったら自分のライフスタイルに適した電子マネーを選ぶと良いのではないでしょうか。